スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QMAサツキ杯① 導かれちゃった者たち

今年4月頃、QMAのホームページを見ると、QMAジャパンツアーの初戦として
「サツキ杯」の案内が出ていました。
QMAジャパンツアーとは全国各地のゲームセンターで行われるコナミ公認の店舗大会で、
その年間成績優秀者はコナミ主催のグランドスラム大会に出場し年間チャンピオンを決めるというもの。



QMAの店舗大会で戦う人たちのことを「賢闘士」と呼ぶ。そんなことすら知らなかった3か月前。


自分はオフラインの早押しクイズには興味があっても、QMAの店舗大会には全く興味なし。
去年もなんかいろいろやってるんだなー、勝つと名前欄に枠がついているんだなーくらいにしか思っておらず、
実際自分が出た店舗大会は今からもう6,7年は前の話で、
1回戦で負け、その後の敗者のフリーバトルでも2回負けるという散々な結果。

こんな惨劇を経験して、誰が出場する気になるものか。
そもそも☆5の問題(※相当の難問のことです)なんて全然覚えてないしね。
QMA最上位の人たちがわんさか出てくるような大会で、かなうわけなんてないし、
出場する気なんか全くしないねえ。



と思いつつレギュレーションを見ると、大変なことが書いてありました。

○一次予選
ジャンル、形式:指定なし 各試合2位以上勝ち抜け 96人→48人

○二次予選
ジャンル、形式:指定なし 各試合1位勝ち抜け12人 + 2位の中から惜敗率上位4人 48人→16人

○準決勝
ジャンル、形式:指定なし 各試合1位勝ち抜け 16人→4人

○決勝
・ジャンル:決勝内で一度選んだものは使用できない。形式指定なし 2勝先取

○共通
難易度:EASY、NORMALのみ

難易度のHARDが使えない、つまり☆5の問題は出ない!
☆4以下であれば自分でもそこそこ解けるし、オフラインでもかなりクイズを勉強しているから、
初見の問題に当たってもQMAしかやってない人よりは対応できる自信がある。
実際予習でプレイしている☆4以上の難問は取れるのに、☆3の問題を普通に落とすプレイヤーも見かけます。

これならめちゃくちゃ運が良ければ1回戦くらいは突破できるかもしれない。
まあ参加するには抽選を突破して96名の枠に入らないといけないみたいだし。
応募締め切りまであと2時間くらいだけど、どうせ落選するだろうけどね、HAHAHA~♪
申請ボタン、ポチっとな。

数日後、ホームページに当選者発表。





入ってるし!
しかも明らかに一番最後の当選者だよこれ!
なんでこう自分は最後の一枠を勝ち取ることが多いのか。


かくして人は過ちを繰り返す。
あの惨劇は再び繰り返されるのか。



当日は足取りが重かったです。
なんでエントリーなんかしてしまったのだろう、恥をかいて終わりだろうにと
会場のある六本木駅で下車、とってもオシャレ。

そして会場に入ると既に到着している人も多く、にぎわっておりました。
当選者だけでなく、欠席の場合の抽選で参加できる枠を狙っている人、会場での催し物を楽しもうとしている人。
ああ、みんなQMA好きなんだなぁとQMAプレイヤーとして嬉しく思いました。

壁には既に登場、もしくはこれから登場するグリムのパネルが展示されており、
別の場所では公式の絵師さんが、今登場しているグリムミューの絵の作成作業をする様子が見れました。
合間にはプレゼント用の色紙作成や、簡単なサインをしてくれるサービスも有り。

これからの戦いにワクワクしながら組み合わせ発表を待つプレイヤーたち。
その中で、一回戦終わったらさっさと帰ろうと思っている自分

時間になり、1回戦の組み合わせが発表。
まわりから「厳しい組み合わせが多い」とか「どこも楽じゃないな」とワイワイ。
でも自分は誰が強いかなんて知ったこっちゃない。相手関係何ぞ私には通用しないのだ。
そう、誰と当たろうと同じこと。結果は自分が恥をかいて終わりだろうしね!

とりあえず1回戦で恥をかかないくらいの点数でさっさと負けて、さっさと帰ろう。

そして別室で第1試合から順に2手に分かれて試合開始。自分は第13組。
大会場では別室で行われている戦いの様子がモニタで見られました。
難易度が低いだけあって普通に正解率が高い。自分でも答えられなくはなさそうだけど・・・。
少なくとも1問1答形式であれば悪くはなさそうだけど、マルチパネル関係はやっぱり危ないか。
強い人ほどそういうの選んで来るだろうしねえ。

とまあ不安ばかりが募る中、自分の出番。
賢押杯の準決勝で戦ったイオナズンさんが後ろで控える中、試合開始に向け準備が始まります。

さてどうしようか、いつもノンジャンルしか投げない自分だけど、こんなところに来てまでそうするのか。
ノンジャンルなんか投げて負けたら本当に恥ずかしいのではないか、との心の葛藤もありましたが、
「クイズはノンジャンル」という信念を曲げたいとは思えなかったので、いつもどおりにノンジャンルタイピングを選択。
そして選んですごく思ったことが。

信念貫いたうえで、勝ちたい。

ということ。あれだけ自信がなかったのに、この場に来て負けたくないと思うのは、プレイヤーなら誰しもか
そして試合開始。
1人目にいきなり苦手のアニゲ「ゲーム・おもちゃ」がきて2問ビハインド。
2人目にアニゲの次に苦手な芸能の「4択」。これは、もうダメかもと思ったものの、
早押しクイズではベタ問の「絶景かな、絶景かな」→「南禅寺」を素早く、
記憶の底から絞り出した「ヨルタモリのバーのママ役」→「宮沢りえ」を正解し、このラウンド全問正解。
3人目は芸能の次に苦手なスポーツの「多答」いじめかな?
簡単な問題は無駄な超絶反応で解答し、やや難しい問題も運よく正解。全員が6問中5問正解でおわる。
この時点で恐らく順位は2位か3位。
さあ4人目は自分で選んだノンジャンル「タイピング」。意地で逆転をするんだ!!
その2問目で「ウナギに串を刺す」→「串『打ち』」が時間ぎりぎりまで浮かばなかったものの、
この問題で2位を争っていた人が不正解となり1回戦突破の目が出てくる。
そして勝負を決定づけた一問「憲法で『戦争の放棄』は第9条ですが、」から
恐らく「生存権」が来るだろうと「25」を入力して待ち構えていると、読み通り。
これが単独正解となり、後の問題も緊張で震える手で必死でタイピングし全問正解。

多分2位だろうと思ったものの、自信はない。
祈る気持ちで「雷落ちるな!(※結果発表は4位から順に雷が落ちていく)」と祈りつつ画面を見つめると、
無事4位、3位の雷が別の人に・・・ついでに2位も別の人に
って自分が1位かよ!?



この喜んでるルキアがかわいいと思ふ。


まさか1位とは思っていなかったので自分でもびっくりでしたが、
ノンジャンルで勝ち切ったのは、まさに「してやったり」という気持ちでした。


2回戦開始まで時間が余ったので、ほてった体と脳を覚ますため外へ出ました。
帰れなくなっちゃったな、と思いながら自分へのご褒美で野菜ジュースを買う。
クイズプレイヤーにも栄養は大切。
ビールのフェスタをやっている横で飲む勝利の野菜ジュースは、すごい微妙

さらに時間が余ったので、絵師さんのサインを頂く





うーむ、30秒くらいで書いているのに自分よりうまい。(※当たり前です)

そして2回戦は12組48名で対戦。
各組1位抜け+惜敗率で各組2位のうち上位4人が準決勝進出。
当然相手関係は厳しくなる上に、事実上1位を取らないと敗北。こんなの無理に決まってる。
まあ1戦で終わると思ったのに2戦目もやらせてもらえるなんてラッキーだねと気楽に構えてました。
一番最後の組に割り当てられます。なかなか帰らせてもらえないようです。
自分の前の組で賢押杯で一緒に戦った2名が対戦しているのを気楽に眺めます。
そして自分の番。あとはなるようにしかならない、という気持ちでノンジャンルタイピングを選ぶ。
そして選んですごく思ったことが。

信念貫いたうえで、勝ちたい。

またかよ。
でも、ほんとに座席につくと、一気に気持ちが切り替わります。
無理だと思っても、心の底じゃ負けたくないんだなあ。

(※この戦いについては詳細な記録が残っていないためご勘弁ください)
1人目、得意な理系も苦手な「生物」。しかしここは1問目「サンショウウオ」を単独正解し1歩リード。
2人目、スポーツ「○×」で単独不正解1問を含み、2問不正解し微妙な順位に。
3人目、苦手なアニゲ、しかも最悪の「アニメ・特撮」。大きく後れは取らなかったものの、終了時点で恐らく3位くらい。
さあ4人目は自分で選んだノンジャンル「タイピング」。意地で逆転をするんだ!!
このノンジャンルタイピングは自分ともう1人が順調に○を積んだものの、あと2人が遅れる。
逆転で2位以内にはなれたと思うが、1位に手は届くのか・・・?

そしてまたしても自分以外の3人に雷が落ちる。



かわいい。


んなアホな、と自分でも思うくらい奇跡の準決勝進出!
2位のひなたひまわりさんも惜敗率で1位となり準決勝へ。
ちょっと残念だったのは、賢押杯の主催者であるGMすみすさんが自分の試合前まで惜敗率4位だったのですが、
この試合で5位に落ち決勝進出ならず。
恩をあだで返した感じもありますが、まあこれは勝負の世界だからしょうがないよね♪

もう1問答えられる実力があれば・・・・・・とちょっと残念な勝利。


あれ、結局これって最後まで帰れない感じ?

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

あたいのステータス

EP-PAD

Author:EP-PAD
東方やQMAの
動画・同人誌を作るらしい。


→ホームページ

→一日一問!

→リンク

pixivアカウント停止1周年記念
→式典会場


てぃなみ
描いた絵はこちらで投稿。
少しずつ増やしていきます。

ぺくしぶ
絶賛アカウント停止中。
二度とまともな絵は投稿しない。


最近書いたやつ
最近言われたこと
するやつがいるとは思えないトラックバック
むかしの
ジャンル選択
しらべたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。