賢押杯Alt.2017② 「最低の結果」

前回の続きから。






決して誇張でも何でもなく、昨年8月からこの時まで、
全てはここで優勝するためにやってきました。

ならば12人中5人が通過できる予選など、ただの通過点。
しかし本番となれば何が起こるかわからないし、気を引き締めないと。



そして始まる教室予選。皆緊張した表情でスタッフの説明を聞きます。



賢押杯Alt.2017 教室予選 賢押杯ローリング
<概要>
12人のメンバーを6人ずつの2組に分け、クイズを行う。
1問正解すると勝ち抜け、その時解答席に残っている人数+失格した人数分
「勝ち抜き人数」が加算される。
誤答をすると、そのセットは失格扱いとなる。
※勝ち抜き人数の細かい計算方法は割愛します
解答席に残った人数が1人になるか、失格者0で2人になった時点でその組は終了。
1組目が終わったら2組目でも同様にクイズを行い、1セット。
1セット終了すると累計勝ち抜き人数の少ない順に並べ替え、
改めて6人ずつの2組に分けてクイズを行う。
90分経過した時点で勝ち抜き人数上位5人が2R進出

残った5人で5○3×(5問先取勝ち抜け、3問不正解で失格)クイズを行い、
勝った2人が準決勝進出。



1セット目が始まる前に、最初の席順を決めるくじ引き。
ここで引いたのは1年半前と同じ「1番」

「いつか 一番になるんだから」

という自分の同人誌のルキアのセリフを思い出しつつ、最初のクイズに臨む。
今回は「早押しボタンに触れるのが初めて」のプレイヤーじゃない。周りの人より、ずっと頑張ってきたんだ。

しかしその一問目で「ミユビ」「フタユビ」のキーワードで押すも、「アルマジロ」と誤答。
※アルマジロは「ミツオビ」「ムツオビ」
今回初の導入となった、「誤答則失格」のルールを1問目でいきなり受けることになりました
ちょっともったいなかったなと思いつつも、普段指の遅い自分がいきなり押せたのは
調子的には悪くないだろうし、まだ最序盤だから焦る必要はないと楽観視。

次のセットを「『臨場』の作者→横山秀夫」で1抜け。
自分が解答権がないところで「『「音楽・舞踊・学術・文芸などを司るギリシア神話の女神たち、・・・」
という問題を聞いて、「これは共通する名前のものを列挙してる問題だから最後は『ラブライブ!』が
挙げられるだろうな」
と問題の先を予想するくらい余裕あり。(A.ミューズ)

このまま勢いを上げていければ、といった次のセットでうまく抜けられず、
普段ならすぐわかる問題も焦りで出てこなくなる。
まさか「静まり返る様子を『何を打ったよう』」という問題の答えが出てこないとは・・・。
(A.水)
何とか次の問題の「『17歳教』→井上喜久子」を正解するも、勝ち抜き加算人数は最低の2人。
このあたりから焦りのため泥沼にはまる。

尾崎紀世彦の「また会う日まで」の/ → ×筒井康隆
(※『筒美京平』と言おうとして間違えた。しかも答えは作詞者の○阿久悠)

政治家としては(中略)、メキシコオリンピックの/ → ×麻生太郎
(※○釜本邦茂 麻生太郎が出たのはモントリオールオリンピックでした)

主な塾生には(中略)、現在の大阪/大学 → ×緒方洪庵
(※○適塾 「塾生には」と言っているから、塾の方を聞いている)

21時から23時に観客を入れずに開催される/ → ×レイトショー
(※○ミッドナイト競輪 明らかに速く押しすぎなうえに、キーワードが聞けてない)

確か全部で13セットやったのですが、計5セットで誤答
どの問題も落ち着いて聞けば答えは分かっただけに、くやしい。
後半は『1抜け』『誤答失格』を繰り返し、勝ち抜けボーダーラインにギリギリ
届かない位置で順位が推移する。
もう時間がないかもしれないというところで「『プレッシャースタディ』→Qさま」
1抜けし、順位は6位。5位まで一人差。
次の1セットでボーダーラインに確実に入ってやる・・・!

そして次のセットに入る・・・と思ったところで時間切れを知らせるタイマー音。
規定によりここで1R終了となり、6位の自分は敗退が確定。
(一緒にいたぽちょむきんさんも7位で敗退)


一体自分は、何をやってるんだ・・・。


ここまでの努力は何だったんだろう。
目の前では通過した5人が準決勝進出の2つのイスを賭け、5○3×を繰り広げていましたが、
正直まともに見ていられる心地ではありませんでした。
ましてや、残った5人はそれほど早押しになれている感じがなく、
自分があの場にいれば、間違いなく抜けられていたというレベルだったのが辛い。

今から冷静に考えると、水戸のクイズサークルに参加した際、
高校生の誤答を厭わない鋭い押しに影響を受け、自分も若干指が速くなったのですが、
そもそもが勘の鈍い慎重派だっただけに、まだそのスタイルが自分に馴染んでいなかったのが
「誤答か1抜けか」という極端な結果を招いてしまったと思います。

自分の出発点であるクイズ大会で、優勝したくてここまで来たのに。
仮に次にまた開催されるとしても2年くらいは後になるだろうから、それまで待つのか、
いや待ったとしても「いまいさんの次の優勝者」にはもう絶対になれない

何かもう、自分の中から全てのことに対してやる気が失われていく感じがありました。
この後、一応敗者復活戦はありますが、運の要素が多分に絡むので、復活できるわけがない。


なんでこんなことになっちゃったんだろう


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

あたいのステータス

EP-PAD

Author:EP-PAD
東方やQMAの
動画・同人誌を作るらしい。


→ホームページ

→一日一問!

→リンク

pixivアカウント停止1周年記念
→式典会場


てぃなみ
描いた絵はこちらで投稿。
少しずつ増やしていきます。

ぺくしぶ
絶賛アカウント停止中。
二度とまともな絵は投稿しない。


最近書いたやつ
最近言われたこと
するやつがいるとは思えないトラックバック
むかしの
ジャンル選択
しらべたい