スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢押杯Alt.2015 レビュー③

まだまだ続くよ!

最初→レビュー①
前 →レビュー②







教室2R。5○3×クイズ

1R上位5人で早押し対決。
5ポイント先取で勝ち抜け、ただし3回お手付き・誤答で失格となる。
誤答時のマイナスポイント、休みはなし。
上位2名が教室代表者として準決勝進出。


1R終了の息つく間もなく2Rへ開始。
ここで勝ち抜けば準決勝。ウルトラクイズ名物の通せんぼクイズに挑戦できる。
何としても勝ち抜かなければ、と気合十分で着席。

まず開始直後は順調。
最初に2○を重ねリードをとる。このままいければいいのだが・・・。

しかし徐々にまわりもポイントを重ねはじめ


 第1部に歌詞を付けたものは第2のイギリス国歌とも称される作品で、エドワード・/エル・・・


大得意のクラシック問題で押すことができず、解答権を得た人は「威風堂々」と回答し正解。
エルガーという決定的なキーワードが出る直前に押していることからも、枕の部分でかなりの確信を持っていた様子。
この問題をとられてしまったのは痛いが切り替えるしかない。

気付けば他の人にリードを許す展開となるも、このまま負けるつもりはない自分。


 1月にピークを迎える三大流星群のうちの一つで、かつて/・・・


若干焦り気味に押したのは否めないが、得意の理系。ここは確実に取りたい。
しかし3大流星群・・・なんだっけ、2つしか思い出せないけど、
「かつて」という言葉もあるし、自分が問題を作る立場なら答えは『現在存在しない星座名』であるこれにする。

「しぶんぎ座流星群」

制限時間一杯使い解答。若干自信がなかったが無事正解音が鳴り響いた。よかったよかった。
さらに出てきた問題は


 シュワルツらと並び、ひも理論の研究者として活躍した・・・


得意な物化系問題、しかし「シュワルツ」「ひも理論」で並んで出てくる人物が浮かばない。


 シュワルツらと並び、ひも理論の研究者として活躍した、2008年には小林誠/・・・


ここでボタンを押す。
2008年のノーベル物理学賞受賞者3人の話だ!
この年に物理学賞を受賞した日本人は年齢順に「な・ま・こ」の頭文字の3文字であることは覚えている。
(QMAに順番あてで登場する)
そして答えは「な」の人物であることは確信したが・・・

あれ、な・・・な・・・なって誰だ!?
焦って答えが出てこない。無情にもカウントが進み、苦し紛れに出した答えは

「益川敏英」

ブー、と不正解のブザー音。
問読み「残念、それは問題の途中ですねえ。
     『小林誠、益川敏英らとともにノーベル物理学賞を受賞した科学者は誰?』という問題」
もちろんそれは分かっていたことなのだけど・・・得意ジャンルでの1×はあまりにも悔しい。
(正解は「南部陽一郎」

×は1つついたもののまだ1問誤答しても失格にはならない。
現に自分が最後に×がついたので誤答数では横並びになったに過ぎない。気にするな!

が、しかし


 <前略>児童向けに哲学の世界を紹介するという内容の、ヨースタイン・ゴルデルの著書は?


誰もボタンを押さず。
児童向け・・・つまりファンタジー的な・・・そして哲学・・・。
このとき1つの答えが浮かんだが、半分勘みたいなもので自信はない。
しかしまだ1×だし行ってみるか、しかし失敗すれば2×で窮地だ・・・。

迷った挙句、ボタンを押す・・・が、わずかにタイムアップ後でありボタン反応せず、スルー。

問読み「正解は『ソフィーの世界』

思わず「あーっ」と嘆声を出してしまいました。言ってれば正解だったよ・・・。


そんなことしてる間に1人が5○で勝ち抜け
残りの枠はあと1つ。ただ厳しいことには前R1位の人が残っている。
このくだり調子の時に、どうやって勝てるというのだ・・・。

ここでこんな問題が


 本名は昇剛、以前はアームストロン/グという・・・


これは絶対に出ると思っていた問題!
お笑いコンビとしてアームストロングはシュアに面白いネタを展開していたため将来を期待していたが、突然解散。
ちょっともったいないなと感じてから数か月、こんな形で大ブレークするとは驚きました。
だれも「アームストロング」のヒントだけでは押せないだろうから、出題されたらほぼ100%取れると予想していた問題
ここで出るのは自分にも運があるということか。

「とにかく明るい安村」

早口で噛まずに解答。安心して下さい、合ってますよ。
これで4○に。あと1ポイントで勝ち抜け!

しかしライバルもさるもの。
4人中3人が4○で並び、恐らく次の問題で決まるだろうという空気が支配する。
自分も絶対に押し遅れまいと、ただひたすら集中する。学問系来てくれ!


 アニメ「Tiger&Bunny」で・・・


しまった苦手のアニゲだ! 今日一問も正解していない!


 アニメ「Tiger&Bunny」で活躍するヒーローで、虎と兎の虎の方といえば「ワイルドタイガー」ですが
     兎の方と言えば誰?


難易度は低い問題だが、アニゲ得意な人間がいないせいか誰もなかなか押さない。
何だっけ・・・自分もアニゲは苦手だが、劇場版の主題歌「リニアブルーを聞きながら」は自分の持ち歌だ。
歌っているときに流れていたアニメ映像を記憶の底からひねり出す。
ドラゴンキッド・・・ロックバイソン・・・ブルーローズも違う。なぜか主役級のキャラ名が出ない・・・。

悩んでいる間に1R1位のライバルがボタンを押す。
解答時間を十分に使い「バーナビー・ブルックスJr.」と答える。

この瞬間準決勝進出の2名が決まった。
自分は惜しくもここで敗退。その後敗者復活戦もあったが、○×で正解率5割を切るという残念な結果で復活ならず。


さて2Rでの失敗はどこにあったのだろうか?

「威風堂々」や「南部陽一郎」が答えられなかったのは仕方ない。ベストを尽くしたうえでダメだったのだから。
一方致命的なミスは以下の2つ。
1つは「ソフィーの世界」を勇気を持って答えなかったこと。これが決まっていれば「安村」でかっこよく抜けていたはず。
終わった後相当悔やんだ。
2つ目は・・・若干汚い戦法と見えるかもしれないが、最終問題を潰さなかったこと。
苦手のアニゲだと分かった時点で解答できる確率は限りなく低い。
それであればもう1度間違えられるという状況を利用し、×をもらってでも他の人を正解させないという方法があった。
この方法は問題がアニゲだと思った瞬間に思い付いたがしなかった。
かつてウルトラクイズの伝説の準決勝と呼ばれる第13回のボルティモア(通せんぼクイズ)の映像では、
通過席(あと1問で勝ち抜け)となった田川さんに対して、永田さんが問題つぶしをしているのが見られる。
最終的に永田さんは決勝へ勝ち抜けることとなった。何もしなかった自分はここで敗退となった。
クイズは競技である以上、ルールを最大限生かし戦わなくてはならないと自分への戒め。

準決勝以降は観客席で戦いの行方を観戦することに。
白熱した戦いは見ごたえがあり楽しいものであったけど、そこに自分がいないことが口惜しい

たしかに今回早押しクイズ初挑戦で、準決勝進出まであと一歩というのは大善戦と見えるかもしれませんが、
(日記の最初の方で弱気発言をしてたけれど)目標は優勝、最低でも準決勝進出としていました。
今後クイズのオープン大会に参加するのであれば、今回の大会でこれくらいできないと先がない。
そこまで行けなかったのであれば、自分の実力が全然足りてないんだなあと思うところ。

準決勝の戦いを見ていると2つの著書に書かれていた、ほぼ同義の文章が頭の中に浮かんでくる。
「最初のラウンドで敗退すれば、その後のラウンドは一日ずっと見てるだけ、ということもあり得た。
 負けたら終わり。楽しみたかったら、強くなるしかない」

(安藤正信「ウルトラクイズ・ロストジェネレーションの逆襲」より)
「”解答権”が 欲しいか?
 ”解答権”が欲しければ 技術を磨け 知識を蓄えろ
 クイズを学べ」

(杉基イクラ「ナナマルサンバツ」より)

今後本気でクイズを続けるとすれば、この言葉は最後までついて回ると思う。


最後に。
全ての日程が終了した後で時間も問題も余っているからということで、スタッフの好意により、
希望者でフリーバッティングを行うことに
(※フリーバッティング:バッターがバッターボックス上に立ち、マウンド上から投げるピッチャーのボールを打つという
               実践的な打撃練習・・・ではなく、特にポイントなどのルール無く純粋に早押しクイズを行うこと。
               通称「フリバ」)

ほとんど全員が参加希望であり、再び2部屋に分かれて楽しみました。
ボタンを持つ10数名、優勝者も参加していたためなかなか解答権は得られませんでしたが、
ただただ早押しクイズが好きで仕方がない、そしてそんな人たちが集まって1つの問題に挑戦できるこの場が楽しい。

次はいつ早押しボタンに触れられるかわかりませんが、それまでにもっと勉強してもっと楽しみたいと決意を新たに。

とりあえず今夜は腹筋だ!


おまけ
<EP-PADのフリーバッティング>
今回実際に出た問題で思い出した問題をいくつか並べてみたので、ぜひ挑戦してみてください。
実際に自分が押し、読まれた部分まで問題文を表示します。答えは反転で表示。


 天気図記号で○の中に○が示す天気は「曇り」ですが、○の中にバ/ツが・・・

→答え:不明



 役所で印鑑登録をした判子のことを「実印」といいますが/・・・

→答え:認め印



 音階をあらわす「ドレミファソラシド」。さてこれは何語/?

→答え:イタリア語



 一か月で2回満月があるとき、2回目/の・・・

→答え:ブルームーン


おまけ2
フリーバッティングの際に出たこんな問題


 第1回一発屋オールスターズ選抜総選挙で初代王者となった、「ルネッサーンス」/・・・


10数人が同時に早押しボタンを押すのは、はたかれ見れば見ごたえのあるものだったに違いない。
ルネッサーンス! <チン
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

賢押杯Alt.2015 レビューありがとうございます!そしてお疲れ様です!
しかし、クイズは難しいですね・・おまけ問題すら全然わかりませんでした・・・。
あと、絵を描くのをまた再開してみることにしました!自分に嘘(絵を描きたくないと思うこと)をついてはいけないって名探偵コ○ンもいってるように嘘つかないようにします!嘘ついてもろくなことないや!
次に出場するクイズも頑張ってください!そのときはまた腹筋でもしながら待ってます。

Re: No title

10年クイズを続けている自分でも最後まで聞いて正解が分かる問題が半分程度だった気がします。
ですから全然わからなくても仕方ない気がしますね。

TINAMIみました。小傘かわいかったです。
自分も以前小傘描くみたいなこと言っときながら全然描いてなかった気がします。

これからものんびり趣味として絵を続けてくださいな。
あたいのステータス

EP-PAD

Author:EP-PAD
東方やQMAの
動画・同人誌を作るらしい。


→ホームページ

→一日一問!

→リンク

pixivアカウント停止1周年記念
→式典会場


てぃなみ
描いた絵はこちらで投稿。
少しずつ増やしていきます。

ぺくしぶ
絶賛アカウント停止中。
二度とまともな絵は投稿しない。


最近書いたやつ
最近言われたこと
するやつがいるとは思えないトラックバック
むかしの
ジャンル選択
しらべたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。