PixivDS(Double-Standard)

前回の日記を読んでない人はそちらを先に読むことをお勧めします。 → 前回の日記

今pixivが熱い!(炎上寸前と言う意味で)
前回紹介した「カオス*ラウンジ」の連中が腐ってるという話をしましたが、
どうやらそれと同時にpixivの運営側も相当腐食具合が激しいようです。





(クリックすると現代アート(笑)が高画質で見れます)





今日のキーワードは『無理が通れば道理が引っ込む』

(※今日の日記もかなり毒舌です。ご注意ください)


そもそも前回の日記で書いた「カオス*ラウンジ」を知ったのは
pixivの新着作品にあったこの作品を見つけたからでした。




これは写真だからpixivの規約に抵触するんじゃないかと思いつつ、
この人の作品からリンクを辿って調べていったところ、面白いことが分かったわけです。
1つは前回の日記の話。
そしてもう1つはpixiv運営者の規約適用のダブルスタンダードっぷりでした。
(ダブルスタンダード:1つのケースに対し2つの異なる基準で対応すること。
           今回の場合、分かりやすく言えば『えこひいき』)

ここでわかった出来事とは以下の通りです。

①上記の写真コラを投稿した人(以下『A』)が以前投稿した作品の中に無断転載のものがあった。
②『カオス*ラウンジ』関係者のpixivハンドルネーム『umelabo』の作品は
 言うまでもなく無断転載の画像てんこもり。
③pixiv運営に対し上記2つの作品を同時に通報した人物が現れる。
④Aは即日アカウント停止になる。ところが『umelabo』はお咎め無しで放置
⑤これについて通報者がpixiv運営にメールで問いただしたところ、一切返答は無し。


つまり同じ規約違反のはずなのにAだけが裁かれるというおかしなことが起こったわけです。
その理由として想定されることはpixivが企画で『カオス*ラウンジ』との付き合いがあるため、
『umelabo』の作品だけはお咎め無しで済ませた
ということ。


※以上のことは以下の作品を参考にしています。これを読めばより分かりやすいかと。





さあさあ、これで「無断転載しても規約違反にならない」という『無理』が通されました。
その結果、事実を知るユーザーの不満がつのり、『道理』が崩れていくことになります

その後Aのアカウント停止が解かれました。
Aはそのアカウントで先ほど紹介した写真コラを投稿。
すると「復活したということは無断転載が公認された!」と解釈するものが多数登場。
地下で渦巻いていた不満に火がついたのか、はたまたお祭り騒ぎに乗じたいという根性からなのか、
無断転載による作品(多くは写真コラ)が相当数投稿されるという事態が発生。
そう、それは『umelabo』の作品に付けられていた、『現代アート』というタグの名の下に。


個人的に、Aのアカウントが復活したのは
ただアカウント停止の期間が過ぎたから自動的に復活しただけだと思っています。
「無断転載が公認された」というのは曲解じゃないでしょうか。

が。
一方、pixiv運営と付き合いのある『自称芸術家』の作品は転載を許し、
他方、恐らくpixiv運営から見ればどうでもいい人がした転載は断罪するという、
歴史的に見ても不満分子を大量に生み出すに足る手法を行ったのはまぎれもない事実。
四季映姫様がご覧になったら発狂するほどの白黒の曖昧さ。


今回pixiv運営が行ったことは端から見れば以下のどれかに解釈が出来ます。
A.『特定ユーザーへのえこひいき』
B.『芸術であれば無断転載は許される』
C.『アカウント停止はまさかのランダム』


Aだったらより不満は募り、Bだったら企業的にも社会的にも問題あり、Cだったら大爆笑
普通に考えればAですが、それを公にしたら炎上は必至
SNSを運営する企業にとって致命傷となりかねません。
ですからpixiv側はそれを認めることが出来ないのでしょう。
それならば騒ぎがそれほど大きくならないうちに黙っていればいい、と考えたんでしょうか?

ところがどっこい、物事それほど甘くはない。
何も釈明をしない運営に対して、多くのユーザーはBであると、言ってみれば都合よく、解釈します。
まさに『芸術無罪』
だからこそ『現代アート』というタグをつけることで『芸術』であることを証立て、
大量に無断転載の作品が投稿されてしまう事態になっている
わけです。

残念ながらこれはさっきのように『曲解』と断じることはできませんねぇ。

大量に投稿される『現代アート』。
写真コラだけならまだしも、この事態に目を付けたある特定のコラージュ制作者達が、
pixivにバンバン投稿を始めたもんだから
さぁこれは困った、pixiv運営諸君。
これ以上騒ぎを広げないためなのでしょうか?
(単純に荒らしを防ぐためという名目だとは思うのですが)
ピクシブ百科事典の『現代アート』のページを閲覧不可能にしてしまいます
→ピクシブ百科事典『現代アート』の頁



Firefoxで見るとこんな感じに。


もちろんユーザー側も黙ってはいません。
新たに『現代あーと』というタグをこしらえ、頁を作成しました。まあきっと後で消されるでしょうけど。
→ピクシブ百科事典『現代あーと』の頁


とにかくこのまま騒ぎが大きくなる前に逃げ切ろうと言う腹づもりなんでしょうね、きっと。











まだ分からないのですかっ!?(杉下右京風に)

自分でダブルスタンダードを適用したのがこの結果。
それで、明らかに違反・違法な作品がそこかしこに出回っている、まさに『荒らされている』状態。
自業自得って言うんですよそういうのを。
自分らの都合の良いように規約を運用すれば、そりゃユーザーの気持ちも引いていくに決まってる。
自社サービスを長く続けたいならば「泣いて馬謖を斬る」精神を持つ必要があるのではないか?
今の二重基準状態をつづけるのであれば、ユーザーが「怒ってpixivを切る」となりかねない。
まあそれでもシラを切り続けたいならば、
百科事典の頁を削除するなり、ランキングを操作するなり、自由にすればいいですよ。
でもね。
「沸騰した鍋を蓋で閉じれば、いつか吹きこぼれますよ」(『相棒』の名言より)
というかすでにこぼれているようにも見えるんですけどねぇ。

じゃあどうすればいいかって。
通した『無理』を引っ込めればいいだけじゃないですか



余罪: こちら

『怒ってpixivを切る』メーター ■■■■■■■■□□


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

これはなかなか香ばしい。pixivもなかなかやりますねー
うちもなにか便乗してみようかな…と思ったらそもそもいわゆる「現代アート」的な投稿ばかりだった事に気付いたり。
質はちょっとちがうかなーとは思いますが

カオスラウンジが芸術集団だとしたらpixivに来るべきではないですよね。
pixivは絵描き同士のコミュニケーションのための場であって、こんなケイジュツしてますって一方的に見せる場所ではない。
それとpixivはイメージレスポンスで他人の持ちキャラクターをこんな風に描いてみましたーとか、逆に「うちの子描いて下さい!」とかタグを付けたりすることができるわけで。人のキャラクターを借りるっていうコミュニケーションも図ったシステムがありながら、各方面に勝手に絵を借り成果品をあくまでゲイジュツとしてアップする。
まぁゲイジュツってそんなもんなんですがね。芸術家は個人的に自宅警備員と料理評論家の次に際どい職業だと思いますし。

またpixivも、虎(?)の威を借る様を露骨に見せちゃったのがマズかったでしょうねぇ。
でもこの規模まで大きくなってユーザーもこれだけ抱えてる上に、他に代わりになるサービスがない今、ユーザーがどっと減ってpixivが落ち目を迎えることもないでしょうね。
ピアプロは方向性が違いますし、TINAMIは役者不足ですし。かといって個人サイト・ブログで人に絵を見てもらう手段はもう絶滅してしまった。
どうのこうの言っても結局はpixivに絵を載せるしかないって流れになるのをpixivは待ってますよ。

広げるだけ広げた風呂敷をどう畳もうか困って放棄しちゃったりするんですが、等間隔でこっち見てる猫が並んでるって絵がシュールすぎて怖い! けどいいぞもっとやれー

お目汚しすみませんでしたー

Re: No title

『今pixivで主流な感じの現代アート』を投稿するのはやめたほうがいいですよ。
せっかく今までついたファンを失いかねないんで。
運営批判という意味で投稿するなら、
もう二度とpixivに今までどおりの絵を投稿できなくなるのを覚悟でどうぞ。

自分としては芸術家が自分のゲイジュツを見せるためだけにpixivに来ても問題ないと思います。
ただ、それで自分の作品へレスポンスが付くのが一切嫌と言うのなら本当にお門違いですけど。
そもそもカオスラウンジは芸術以前の犯罪ですからダメでしょう。

あとpixivの対応には呆れますね。
結局犯罪集団との関係を切れず、都合の悪い絵を削除、ランキング操作、批判黙殺と、
事実を知っている人から見れば漫画でよくみる量産的な『悪の組織』となってますし。

確かに他に代替となるようなものが見つからないんでpixivは「しばらくは」安泰でしょうね。
ですが、いくら優秀なツールでもそれが反社会的なものであるならば決して使いたくない
という自分の信念は曲げたくないんで自分はpixivにまともな作品は投稿しません。

ま、足元のしっかりしてない運営ですから、いつかは爆発しますよ。
pixiv運営に反省する気がないのであれば、それが見られる日を楽しみにしています。ヒヒヒ。
あたいのステータス

EP-PAD

Author:EP-PAD
東方やQMAの
動画・同人誌を作るらしい。


→ホームページ

→一日一問!

→リンク

pixivアカウント停止1周年記念
→式典会場


てぃなみ
描いた絵はこちらで投稿。
少しずつ増やしていきます。

ぺくしぶ
絶賛アカウント停止中。
二度とまともな絵は投稿しない。


最近書いたやつ
最近言われたこと
するやつがいるとは思えないトラックバック
むかしの
ジャンル選択
しらべたい